JULIUS ユリウス

49 件中 52 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
JULIUS
を利用したコーディネートが25件
Ogawa Hideyuki ブログ

新機能追加のお知らせ - コーディネートリクエスト機能

オンラインストアにて新機能コーディネートリクエスト機能を追加しましたのでご紹介させていただきます。商品ページにあるコーディネートリクエストボタンを押していただくと、リクエストしていただいたお客様の為に... もっと見る

Ogawa Hideyuki ブログ

THE VIRIDI-ANNE - 17-18AW STYLE

当店のメインブランド『The Viridi-anne - ザヴィリディアン』から秋冬の新作アイテムも続々と入荷してきておりますので秋冬シーズンにお勧めのコーディネートをスタイルページに更新しました。T... もっと見る

Ogawa Hideyuki ブログ

The Viridi-anne & JULIUS 17-18AW - 新作スタイル紹介です。

うだるような暑さが続きますね。秋冬は入荷しているけど今すぐ着れる物が欲しい、という方もいらっしゃるかと思います。本日はThe Viridi-anne & JULIUSの秋冬アイテムをメインに真... もっと見る


「JULIUS(ユリウス)」コンセプト
 by Tatsuro Horikawa [ JULIUS Designer ]

コレクションは様々な要素が僕の中に蓄積され、一つの世界を作り出した瞬間から始まります。その要素は時にアートだったり、建築、音楽、日々感じる音、旅、そして人との感情的なコミュニケーションだったりします。

僕にとってのクリエイションは、服そのものを作るのだけではなく、その服を着ている人々の存在自体や、彼らを取り巻く世界を作るという行為を主としています。それは一本の映画を作る行為にとても近く、とても神聖で、ある種、冒涜的な行動ですらあります。その世界は時として、朽ち果てた、混沌の支配する退廃であったり、轟音の支配する中に潜む静寂であったり、破滅的な純粋さをもった巡礼者という存在、鋭利で金属的なインダストリアルな狂気、であったりします。

黒が常に僕のクリエイションのべースです。僕にとって黒はとてもアバンギャルドで、精神的に崇高な意味を持っています。日本の宗教である禅的な意味合い、西洋におけるアンダーグラウンドなフェティシズム、光と対比する狂気的な闇への執着、そして全ての悲しみを弔う色。

ブランドヒストリー

ユリウス(JULIUS)は日本のメンズブランド。日本はもちろん、海外でも取扱いが多く熱狂的なファンを抱える。

堀川達郎(Tatsuro Horikawa)は1996年、サードストーン設立。この当時はグラフィックデザインを中心に活動する。97年には自身のファッションブランド「nuke」を立ち上げる。

もともとグラフィックデザインを行っていたこともあり、服とグラフィック、映像などをさまざまな手法でブランドを表現。シーズンによりコンセプトが変わるが、ユリウスのファッションは、カラーはほぼ黒・白で構成されており、スタイルは、レイヤードやオーバーサイズだが細身のシルエット、加工素材などがよく使用されている。

2001年にアートプロジェクトとして「ユリウス(JULIUS)」を立ち上げる。アートプロジェクトとあるのは服だけではなく、「服、映像、グラフィック、音楽」という4つの表現方法を持つため。

2003年には旗艦店をオープンし、2005春夏シーズンの東京コレクションよりランウェイ形式で、コレクションを発表。

2008年、ドレスライン「JULIUS MA」をスタート。MAは後に別ブランド「MA ユリウス (MA_JULIUS)」として独立。なお、2015年秋冬コレクションより、MA ユリウスの展開をストップし、新ブランド「ニルズ(NILøS)」を立ち上げた。

2016年春夏よりプレコレクションをスタート。年4回の発表形式に変更。ショーではよりエッジな表現を追求。プレでもシーズンテーマを設け、ミニマルなコレクションを展開する。