cornelian taurus by daisuke iwanaga コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ

23 件中 23 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
cornelian taurus by daisuke iwanaga
を利用したコーディネートが18件
Ogawa Hideyuki ブログ

新機能追加のお知らせ - コーディネートリクエスト機能

オンラインストアにて新機能コーディネートリクエスト機能を追加しましたのでご紹介させていただきます。商品ページにあるコーディネートリクエストボタンを押していただくと、リクエストしていただいたお客様の為に... もっと見る

Ogawa Hideyuki ブログ

CORNELIAN TAURUS 17-18AW - Cut off Tote STYLE

『CORNELIAN TAURUS - コーネリアンタウラス』17-18AWの最新モデル”Cut off Tote”のご紹介です。オイルを多く含んだホースレザーにアルミニウムを挟み込んだ新素材が特徴的... もっと見る

Ogawa Hideyuki ブログ

CORNELIAN TAURUS 17-18AW - Functional Ruck STYLE

続々と秋冬シーズンのアイテムが入荷してきています。本日はCORNELIAN TAURUS - コーネリアンタウラスのファンクショナルリュックをご紹介させていただきます。毎シーズン入荷しては直ぐに完売を... もっと見る

Ogawa Hideyuki コーディネート
Ogawa Hideyuki コーディネート
Ogawa Hideyuki コーディネート
Ogawa Hideyuki ブログ

cornelian taurus - 機能性に優れたレザーバックパック

上質なレザーとデザインの良さで毎シーズンご好評いただいている『cornelian taurus by daisuke iwanaga - コーネリアンタウラスバイダイスケイワナガ』、本日は定番で人気の... もっと見る

Ogawa Hideyuki ブログ

The Viridi-anne - 2017 SUMMER STYLE

本日は『The Viridi-anne - ザヴィリディアン』のアイテムをメインに『cornelian taurus -コーネリアンタウラス』の鞄と『VAGUE WATCH CO. -ヴァーグウォッチ... もっと見る

Ogawa Hideyuki ブログ

cornelian taurus by daisuke iwanaga‐Tower Ruck Stlye

軽装になるこれからの時期に鞄はいかがでしょうか?ということで『cornelian taurus by daisuke iwanaga - コーネリアンタウラスバイダイスケイワナガ』からタワーリュックを... もっと見る


フィロソフィ

商品を通じて,日本の文化,アイデンティティを表現することで新たな発見,喜びを持つ人に感じてもらえるもの創りを行っていくと共に素材が本来持っている動き,特性を商品,作品を通じて表現し素材本来の生き物としての意味,価値を伝え,商品であり作品という位置づけのもの創りを行うということをフィロソフィとしている。

ヒストリー

1999年よりオーダーメイドのブランドをスタート。2007年A/WコレクションよりCORNELIAN TAURAS BY DAISUKE IWANAGA(コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ)を本格スタート。

デザイナーである岩永 大介氏はアパレル企業でバイヤーを努める傍ら、全行程を一人で行うオーダーメイドバッグブランドをスタート。 自身の製作したバッグを持ってパリの街を歩いていた所、ファッションジャーナリストに呼び止められ、それをきっかけに海外有名セレクトショップで 展開されるようになる。2007年、神戸にて「Cultivate Industry」を設立し、同秋冬よりcornelian taurus by daisuke iwanaga(コーネリアンタウラス バイ ダイスケイワナガ)をスタート。 日本のタンナーによって鞣された高品質で特徴的な革を使用し、日本刀をイメージしたハンドルを使う等、「エレガントさ」、「華やかさ」、「遊び」、「機能性」 が高いレベルで融合されたその作品は日本の伝統文化とアイデンティティを雄弁に表現している。静かに存在感を示す重厚な金具は、 潜水士を父に持つ岩永氏が幼い頃から慣れ親しんできた船具から派生している。皮革、生物が本来持っている動き、性質を意識したもの創りの為ハンドメイドに拘り、 その素材はホース、カウレザーを始め、クロコダイル、オーストリッチと多岐に渡る。また、すべての工程をアトリエ近くで行い、アイデアからバルク商品までの、 人と商品、作品の距離感、地理的距離感を近くすることで、商品全体のクオリティをコントロールしている。